信託保全

銀行が経営破綻したときの補償制度として
ペイオフがあるのはご存知ですよね?

預けているお金の1千万円までを補償してくれるもので、
もしもの時のことを考えると
銀行に1千万円以上を預金するのなら、
分けて別の銀行に預けた方が安心なのです。

そしてFXトレードをするには、
まず口座を開設して、
FX会社に通貨の売買を依頼するための
証拠金を預ける必要があります。

もし、FX会社が経営破綻したら
預けていた保証金が戻ってこないとなると大変ですよね。

でも安心できるのは「信託保全」といって、
FXにも預けている保証金守ってくれるシステムがあるのです。

気をつけなければならないのは、
全てのFX会社がこのシステムを導入しているとは限らないのです。

これからFXを始まめる場合の
会社選びのチェックポイントとして重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です